平成27年度 病院指標

平成27年度 病院指標について

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 76 49 139 259 246 452 1268 1497 1496 427
解説
当院は地域の中核医療施設として質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。
全体で見ると高齢化の影響で60歳以上の患者様が多く、全体の80%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科※家庭医療科・消化器内科含む
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 165 21.13 14.34 78.70
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 121 28.63 21.69 7.4% 85.68
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 65 21.15 15.35 68.08
解説
内科では肺炎の患者さんが最も多くなっております。特に高齢の患者さんが多く、重症化しやすいため、3週間以上の入院となることが多いです。次いで誤嚥性肺炎が多く、平均年齢は85歳を超えております。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 41 8.34 9.17 2.4% 68.51
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 24 24.33 17.41 71.92
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術等 17 6.12 5.56 43.29
解説
外科で最も多い症例は腸閉塞の症例です。2番目に多いのは結腸の悪性腫瘍です。結腸癌は全国的にも増加しており、当院でも症例数が増加傾向にあります。大腸癌は全国がん統計によると男性で3位、女性では第1位の死亡数の多い病気です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(2500g以上) 48 7.90 6.17 2.1% 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(1500g以上2500g未満) 11 9.55 11.59 0.00
100380xxxxxxxx 体液量減少症
解説
小児科では新生児の黄疸、低体重、多呼吸などの治療が約9割を占めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 57 47.3021.52 1.8% 79.09
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 手術あり 49 69.96 28.70 10.2% 83.27
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 26 59.35 24.28 82.19
解説
整形外科では高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で、腰椎圧迫骨折が最も多く、次いで大腿骨近位部骨折が多くなっております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く) 手術あり
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり
解説
形成外科では粉瘤などの皮膚腫瘍が最も多く、次いで眼瞼下垂や腋臭症(わきが)に対する手術が多くなっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 32 43.53 15.80 6.3% 81.06
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) 24 44.75 19.32 8.3% 73.54
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 22 26.50 7.52 9.1% 76.91
解説
脳神経外科では脳卒中の急性期病変、特に脳梗塞の入院が最も多くなっております。神経内科、リハビリ科と連携してチーム医療を実践し、急性期の診断・治療から回復期リハビリ、退院後の維持期の治療・介護までカバーしています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術 68  2.97 3.46 65.87
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカー交換術等 13 2.92 11.76 82.38
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 12 2.25 3.07 75.92
解説
心臓血管外科で最も多いのは下肢静脈瘤の手術症例です。次いで多いのは、徐脈性不整脈の症例が多くなっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 44 23.45 20.87 13.6% 29.86
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 帝王切開術等 34 14.41 9.94 33.03
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 31 9.94 6.56 3.2% 31.61
解説
産婦人科ではお産はDPC対象外の為除外しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 13 2.00 3.20 78.15
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 13 2.00 3.54 78.77
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 10 9.10 15.35 64.80
解説
眼科では最も多いのは白内障手術ですが、DPC対象症例ではないため、上記の表には出ていません。
次いで多いのが結膜の障害、眼瞼下垂の手術入院です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 23 5.22 5.53 45.13
030400xx99xxxx 前庭機能障害 16 4.56 5.31 68.69
030428xxxxxxxx 突発性難聴 13 9.08 9.60 56.46
解説
耳鼻咽喉科では急性扁桃炎や急性咽頭喉頭炎などが最も多く、食事がとれない方には入院加療を行っております。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞
010230xx99x00x てんかん
010020x099x00x くも膜下出血、破裂脳動脈瘤(JCS10未満)
解説
リハビリテーション科では能登地区で唯一のリハビリ専門医が全科の外来・入院患者様に必要なリハビリ処方を提供しています。脳卒中および膝、股関節術後患者様などのリハビリはクリニカルパスにそって回復期リハビリ病棟で365日休まずリハビリを施行しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) エダラボンあり 16 35.38 18.08 0.0% 70.56
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 16 25.25 15.80 6.3% 73.56
010230xx99x00x てんかん
解説
神経内科では能登地区で数少ない神経内科専門医が勤務しており、入院症例では脳梗塞が多いです。次いで、てんかんの症例が多くなっております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 13 17.85 8.97 75.38
080011xx99xxxx 急性膿皮症
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹
解説
皮膚科で最も多い症例は帯状疱疹で、痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする疾患ですが、早期診断、早期治療を行わないと潰瘍となり、瘢痕を残したり疱疹後神経痛が持続する可能性が高くなります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術等 41 5.66 7.59 75.07
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 手術あり 28 5.96 10.25 70.79
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 手術あり 22 3.82 2.89 61.27
解説
泌尿器科では最も多いのは膀胱腫瘍に対する膀胱悪性腫瘍手術のための入院です。術後の早期退院を目指しております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル法による諸検査 183 2.86 3.07 0.5% 68.81
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 78 4.68 4.87 71.50
050130xx99000x 心不全 手術なし 54 17.89 18.30 1.9% 81.76
解説
循環器内科で最も多い症例は狭心症などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査のための入院で、2番目に多いのは心臓カテーテル治療のための入院となり、この2つは全症例の4割を占めております。また、症例数が3番目に多いのは心不全の治療となっております。心不全の患者さんの平均年齢は80歳を超え、後期高齢者の患者さんが多い事が分かります。
麻酔科※緩和医療科含む
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 14 25.50 15.00 75.57
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む)手術なし
解説
麻酔科で最も多いのは、肺癌の治療目的の入院です。当院は緩和医療科を有しており、治療が困難とされたがん患者様の苦痛を和らげる緩和ケアの体制を整えています。

TOPICS

現在お知らせするTOPICSはございません。

TOPICS一覧へ
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 51 14 10 13 10 1 7
大腸癌 13 11 10 12 11 1 7
乳癌 20 1 7
肺癌 34 63 63 1 7
肝癌 13 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義
5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計。
初発とは、当院でがんの診断、初回治療を実施した場合を指し、再発とは、当院または他院で初回治療が完了した後に、当院で患者様を診察した場合や再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指す。初発の病期分類はUICCに基づいて集計とする。

解説
当院は他医療機関と連携しており、手術後、治療後の経過観察目的の患者様を受け入れているため再発の割合が高くなっています。また、当院は緩和医療科を有しており、治療が困難とされたがん患者様の苦痛を和らげる緩和ケアの体制を整えています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 22 13.68 53.68
重症度 1 69 28.57 80.30
重症度 2 63 33.38 84.76
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
定義
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎を指す。肺炎をきっかけに入院し、その治療に最も医療資源を投入した患者を対象とする。身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROPスコア)により、年齢性別や血液中の酸素濃度、脱水症状の有無、意識障害の有無等で分類とする。数字が大きいほど重症度が高い。

解説
重症度別の患者数では、重症度2が最も多く、重症度1~2までの軽症~中等症の患者が6割を占めています。
重症度が上がるほど、患者の平均年齢があがり、平均在院日数が長くなる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 121 82.76 78.20 7.1%
その他 19 56.42 71.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
定義
最も医療資源を投入した傷病名の脳梗塞ICD-10コードの上3桁で集計する。

解説
脳梗塞入院は国際統計分類としてI63$(脳梗塞)と分類されます。
発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期脳梗塞が全体の86%と高率となっております。
平均年齢は71歳~78歳で、高齢者の方が多くなっております。
当院では急性期医療だけでなく、回復期リハビリテーションを担う回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期から回復期、在宅まで一貫した総合的な脳梗塞治療管理を行うことが可能です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(その他) 290 0.97 1.97 65.95
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 56 2.14 20.41 8.9% 78.13
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜)<胃> 48 1.48 9.63 4.2% 72.52
解説
内科(消化器内科)では大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ粘膜切除術を最も多く行っております。次いで胆石や胆管癌などの胆道疾患に対して行われる内視鏡的胆道ステント留置術の症例数が多くなっております。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼡径ヘルニア手術 40 1.18 5.88 2.5% 65.9
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出 32 1.09 6.34 64.19
K719-3 腹腔鏡下結腸切除術 17 4.65 14.82 72.29
解説
消化器外科で行っている手術内容で頻度の高いものは、鼠径ヘルニアや胆のう胆石症などの良性疾患をはじめ、結腸がん、直腸癌などの消化器悪性疾患や乳癌などがあります。以前から積極的に腹腔鏡下手術を導入しており、低侵襲手術を心がけております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 61 5.11 59.54 9.8% 79.26
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 27 3.04 46.48 3.7% 65.4
K0821 人工関節置換術(膝、股) 20 2.6 47.75 71.85
解説
整形外科では高齢化社会に伴い、骨粗鬆症に伴う骨折が増加しており、骨折観血的手術が最も多くなっております。当院では麻酔科専門医の協力もあり、骨折等、受傷後の早期手術が可能です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
K0081 腋臭症手術(皮弁法)
解説
形成外科で頻度の多いものとしては、出血を伴う外傷の治療、皮膚の腫瘤の切除が挙げられます。診療にあたっては丁寧な説明により納得して治療を受けて頂くことと、麻酔の注射から傷のガーゼ交換まで、できるだけ少ない苦痛で的確な診療を行うことを心がけています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 2.47 27.18 5.9% 78.35
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所)
解説
ご高齢化に伴い、軽い外傷がきっかけで慢性硬膜下血腫と診断され手術適応になるケースが増加しております。 また頭頸部動脈病変においてはカテーテルを使用したステント留置術や血栓回収術などの対応を整えています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 69 0.97 1 2.9% 66.28
K597-2 ペースメーカー交換術(電池交換を含む) 13 0.77 1.15 82.38
K610-3 内シャント設置術
解説
心臓血管外科では下肢静脈瘤に対する血管内レーザー治療を最も多く行っております。レーザーの熱で血管を焼いてふさぐ治療で、血管を引き抜くなど従来の治療法と比べ傷口が小さく、治療後の合併症や痛みが少ないと言われております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 35 10.54 9 32.71
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 26 9.96 9.58 33.5
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両)(開腹) 18 1.44 10.89 46.17
解説
産婦人科では、帝王切開術の割合が高くなっております。その他、良性腫瘍に対しては、非侵襲手術、悪性腫瘍に対しては、最新データーに基づく、手術、化学療法、代替療法に至るまで幅広いニーズに対応しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 579 0.02 2.05 74.61
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 16 0 8.69 75.5
K281 増殖性硝子体網膜症手術 15 0 7.87 65.6
解説
年間およそ700件の手術を行っています。中でも水晶体再建術(眼内レンズ挿入)を一番多く執刀していますが、適応患者さんの増加により、硝子体の手術や眼瞼下垂の手術にも力を入れています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術) 42 1.31 3.93 74.71
K8411 経尿道的前立腺手術 33 0.97 4.3 71.97
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 26 0.15 3.12 61.88
解説
泌尿器科では年間およそ200件の手術を行っています。前立腺肥大症と膀胱癌の内視鏡手術が半数を占め、25%が腎臓尿管結石に対する衝撃波治療、前立腺や腎臓癌の小さな傷の開腹手術(切開創の長さ5~8cm)は年間でおよそ20~25件行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 73 2.16 3.6 71.42
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 26 0.15 14.46 71.42
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 25 2.96 11.96 4.0% 80
解説
冠動脈疾患、特に急性心筋梗塞や不安定狭心症など緊急対応を要する疾病に対しては、緊急カテーテル治療を含めた救急対応が可能となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 10 0.17%
180010 敗血症 同一 40 0.69%
異なる 23 0.39%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.24%
異なる
定義
最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について患者数をカウントし、全入院患者に対する発生率を掲載する。

解説
手術・処置などの合併症では、最も医療資源を投入した病名と入院契機病名が同一である症例がほとんどでした。
つまり、手術・処置などの合併症を主として入院され、治療を受ける入院患者さんが多いということです。
更新履歴
2016/09/29
新規公開