恵寿金沢病院

病院長ご挨拶

恵寿金沢病院 病院長 上田 幹夫現在の恵寿金沢病院は社会医療法人財団董仙会の一施設として、2014年7月1日から診療を始めました。しかし当院の歴史は長く、1928年名古屋逓信診療所金沢支所に始まり、金沢逓信病院、NTT西日本金沢病院を経て現在に至り、職員と施設は継続されてきています。89床の小規模病院ですが、血液内科を中心として、循環器内科、消化器外科、整形外科、眼科、耳鼻科があり、血液内科中心の病院は全国的にとても稀です。

血液内科には、血液病治療に不可欠な無菌ベッドが20床稼働しており、多職種スタッフからなる専門の医療チームが構成されており、患者さんは石川県全域から紹介されています。近くの金沢大学付属病院とは、医師派遣や患者さんの紹介など緊密な連携を保ちながら診療しています。
眼科は、全国的にも少ない涙道外来を開いており、遠方からも多くの患者さんが涙道手術を受けるために紹介されています。

高齢人口の増加に伴い、病気と共存する患者さんが増え、そのような患者さんを地域と共に支えて行くために病院の機能や体制を整える必要があります。医学の進歩はとても速く、医療の目まぐるしい変化に、ITの活用などで対応してきました。変化に対応しつつも、恵寿金沢病院の基本理念「私たちは患者さん一人一人に心の通う最善の医療を提供します」は変わることなく日々努力を重ねています。定期的に行っている病院アンケートでは、毎回ほとんどの患者さんから「優しく思いやりがある病院」と評価していただき励みとなっています。恵寿金沢病院は地域に根ざした病院として皆様に信頼していただけるよう今後も頑張る所存です。