恵寿金沢病院

外科

診療科概要

主に腹部と乳腺に関連した病気の診断、治療を行います。
ICU管理が必要なものは対応困難ですが、外傷や気胸などの処置も可能です。検査としては内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)、CT、エコー(超音波)、マンモグラフィ、生検(マンモトーム)などがあり、必要となれば当院で手術や化学療法(抗癌剤治療)を行うことができます。また、緩和ケアの重要性を再認識し、診断早期から終末期まで、苦痛が取り除かれるように、コミュニケーション(会話)と薬物療法を行っていきたいと思います。

対象疾患

・腹部の病気
【症状】食べ物のつかえる感じ、胸やけ、腹痛、腹の張り、食欲不振、吐き気、嘔吐、吐いたものに血が混ざる、体重減少、黄疸(眼や皮膚の黄染)、便に血が付いている、便秘、下痢、肛門痛、足のつけね(鼠径部)の腫れ・痛み
【疾患】各種癌(食道、胃、大腸、胆管、膵臓、肝臓)、食道炎、胃・十二指腸潰瘍、胆石、胆管結石、虫垂炎、膵炎、痔、鼠経ヘルニア

・乳腺の病気
【症状】乳房にしこりが触る、乳房が大きくなった、乳首から液体や血が出る、乳首皮膚にただれ(びらん)がある、乳房が赤くなってきた、乳房に熱感がある、わきの下にしこりがある、上肢が腫れてきた
【疾患】乳癌、線維腺腫、葉状腫瘍、乳管内乳頭腫、乳腺炎

・外傷(手足を切った)、気胸(胸痛、呼吸困難)