恵寿ローレルクリニック・ローレルハイツ恵寿

ひと・くらし・みらいのために「生きる」を応援します

メディカルホームの概要

1階 恵寿ローレルクリニック(血液浄化センター40床・家庭医療科・緩和医療科・腎臓内科)
2階 特定ケアハウス(30床) 
3階 一般ケアハウス(20床)・ヘルパーステーション
4階 サービス付高齢者向け住宅(29戸)A/Bタイプ
5階 サービス付高齢者向け住宅(20戸)C/D/E/F/Gタイプ


「時々入院、ほぼ在宅」・・・国が推進するこれからの社会の姿です。住み慣れた地域で在宅生活を中心に、医療・介護・予防・生活支援サービスなど途切れることなく、かつ制度の垣根なく総合的に提供される仕組みが『地域包括ケアシステム』として求められています。
そこでは、病気になっても、介護が必要になっても、
「面倒見の良い」「安心して暮らす」ことができる洗練されたサービスが求められています。
わたくしたち「恵寿」では、恵寿総合病院を中心とする社会医療法人財団董仙会と青山彩光苑を中心とする社会福祉法人徳充会が“けいじゅヘルスケアシステム“として地域に一体的なサービスを提供する体制を整えて参りました。
ローレルハイツ恵寿は、住まいとして生涯お暮らしいただける「医」「食」「住」安心のメディカルホームです。

恵寿総合病院の前身である神野病院(旧1病棟)の正面玄関には、モザイクタイルの壁画がありました。
2羽の鳩が月桂樹をくわえ大空を羽ばたいている様子が描かれ、恵寿総合病院のロゴである鳩マークの原点となりました。
旧1病棟の解体に際し、モザイクタイルとして保全はできませんでしたが、2羽の鳩が新しいロゴとして復活いたしました。
董仙会・徳充会2羽の鳩です。

  • 本館新築・既存病棟改修
  • 恵寿金沢病院開院(2014年7月1日より)
  • 透析クリニック(移転新築)
  • 恵寿総合病院