広報・ニュース

広報・ニュース

第6回古川医療福祉設備振興財団顕彰表彰を受けました

3/22(金)、「第6回古川医療福祉設備振興財団 顕彰表彰式・研究助成金贈呈式」がリーガロイヤルホテル大阪で執り行われ、けいじゅヘルスケアシステムが顕彰表彰を受けました。
古川医療福祉設備振興財団は、医療・福祉等の施設及び設備において、設計、建築、開発、利用方法の考案等に関して優れた成果を挙げ、医療福祉等施設・設備産業の向上発展に対して特に功績顕著な方や団体を年1回、功労者として顕彰しています。顕彰内容は以下の通りです。

顕彰分野 建築設計
顕彰内容 1934 年に病院を開設以来、総合的なヘルスケアシステムとして地域に対応してきた。地域の変容に応じて診療所、社会福祉法人徳充会、老人保健施設、在宅複合施設、分院、病児保育室、分院を老人保健施設に転換、小規模多機能型居宅介護、恵寿金沢病院などを開設し、地域包括ケアシステムを実践している。2013 年に改築した新本院は、ユニバーサル外来など優れた病院建築として評価されている。医療、介護、障害、健康のサービス4分野を情報システムと SPD・セントラルキッチン・施設管理のサポートシステムを使って支援している。

戻る