病棟

障害者病棟(3病棟3階)

障害者病棟は、神経難病や意識障害、麻痺などで身体の不自由な方が療養する病棟です。


入院の対象(一例)


■重度の肢体不自由者・脊髄損傷の重度障害者
 ※脳卒中の後遺症及び認知症の患者さんを除く
■重度の意識障害者
■神経難病患者
■筋ジストロフィー患者

スタッフ


病棟医長 1名
看護師 看護基準 10:1
リハスタッフ 3~4名

目指すこと


・慢性の経過をたどる患者さんには、症状、障害、それに伴うニーズが常に変化していることを理解し、新鮮な目を常に持って対応しながら、疾病の自己管理と生活調整ができるよう努めます。

・高齢の方に対しては人間としての尊厳を重視し、加齢による精神・身体各部の機能障害に対し日常生活の自立に向けた援助を行うとともに、けいじゅヘルスケアシステムのサービスを活用して早期の家庭復帰を目指します。
戻る