病院の取組み

病院の取組み

患者・ご家族の皆様へ

安心で快適な診療を受けていただくために、いろいろな取り組みを行っています。

・アドボカシー室の設置
・お見舞いメール
・クレジットカード等支払方法の充実
・専任フロアコーディネーター設置
・コールセンター設置
・患者図書コーナー設置
・IT連携システムの構築
・セカンドオピニオンへの対応   

病院全体では、

・質の高い医療を提供するため、具体的な施策を推進します。
・効率化し、健全で強い病院経営を行います。
・患者さんの立場にたって具体策を実施していきます

患者さんの権利と責任

1 あなたは、個人的な背景の違いや病気の性質などにかかわらず、必要な医療を受けることができます。

人種、宗教、国籍、性別、年齢、病気の性質、社会的地位、などにかかわらず、どなたでも平等に医療を受けることができます。ただし、病院の施設・設備などのため、十分な責任が持てないような状況が生じることが予測される場合にはご相談の上適切に対応いたします。

2 あなたは、医療の内容、その危険性および回復の可能性についてあなたが理解できる言葉で説明を受け、十分な納得と同意の上で適切な医療を選択し受けることができます。ただし、必要に応じて主治医の判断によってご家族、代理の方にお話をする場合もあります。

あなたは、主治医からあなたがよく理解できる言葉で説明を受けられます。納得していただいたうえで、今後の医療内容について同意をいただくことになっております。主治医の説明が分かりにくい場合には、その旨お申し出ください。また、主治医が説明をする際は、できるだけ近親の方も同席していただくことをおすすめします。意識や判断力に問題があり、十分でないと思われる方などには代理人を立てていただき、また幼児等の場合はご家族から医療上の問題について、相談や必要な同意をいただくこともあります。なお、緊急の際にはそれができないこともありますのでご了承おきください。

3 あなたは、今受けている医療の内容についてご自分の希望を申し出ることができます。

あなたが今受けている治療、処置、検査、看護、食事、その他について希望がある場合には、お申し出ください。また、他の医療機関に移りたい場合には、その旨お申し出ください。あなたにとって適切な治療処置について必要な情報を提供いたします。

4 あなたは、あなたのあらゆる医療記録に記録されたご自分に関する情報の提供を受けることができます。また、あなたの健康状態についての医学的な事実を含め完全な情報の提供を受けることができます。

あなた自身がご自分の健康状態について他の医療機関の医師に意見を求めるために、情報提供を申し出られても、これを病院は拒否いたしません。

5 あなたの医療上の個人情報は保護されます。

あなたについて医療上知りえた秘密をみだりに他にもらさないことは、すべての医療職者が、守らなければならない当然の義務とされています。したがって、あなたの個人的な情報がもれる心配はありませんのでご安心ください。

6 あなたがお受けになった診療に関するデータを、より質の高い医療・公衆衛生の向上のため研究機関に提供する場合があります。個人情報は安全に管理されますが、これを拒否することも可能です。また、拒否されても日常の診療に不利益は生じません。

研究に登録された患者さん又はその代理人で質問やご意見があった場合、あるいは登録されたデータの利用停止、提供停止、削除を希望される場合は申し出てください。

7 あなたに研究の途上にある治療をおすすめする場合には、治療の内容や従来の治療方法との違いなどについて、前もって十分な説明をします。

効果がまだ十分立証されていない段階の研究的な治療方法を、医学・医療の進歩のため主治医があなたに提案する場合もあると思います。その際あなたは、現在の段階で新しい方法が、従来の方法と比べてどのように優れているか、何に問題があるかについて、十分な説明をお受けいただく必要があります。従来の治療方法を希望される場合には、遠慮なく主治医にそのことをお話しください。

8 あなたみずからに、医療従事者とともに力をあわせて、これらの権利を守り発展させる責任があります。

医療従事者に対し、ご自身の健康に関する情報を提供し、医療上理解できないことについて質問する責務を負っていただきます。また、他の患者様の治療や病院職員の医療提供に支障を与えないよう配慮する責務も負っていただきます。

2017年10月改訂

戻る