PC・スマホから5分で回答
来院前AI問診
問診はこちら

診療科・部門のご案内

入退院管理センター

質の高い医療を提供するため、当院ではPFM(Patient Flow Management)といって、院内外の関係部署と密に連携をとり、入院前から退院・転院後までの生活に切れ目がないように、診療の流れを一括管理し、病院全体でサポートしていく診療体制を構築しています。

恵寿総合病院公式Instagram

職場の様子や日常を発信中!ぜひご覧ください。

構成メンバー

センター長:医師:1名
副センター長:専従1名(社会福祉士)、専任1名(看護師)

入院支援看護師:4名
地域連携課:6名(事務員)
医療福祉相談課:12名(認定医療社会福祉士:1名、社会福祉士:10名、精神保健福祉士:1名、両立支援コーディネーター:2名)
診療情報管理士:1名

入院支援看護師について

入院予定の患者さんに、入院支援看護師が適宜面談をしております。入院から退院まで一貫した治療が受けられるように支援致します。

地域連携課について

地域連携課では地域の医療機関から患者さんの紹介及び逆紹介、セカンドオピニオン等の窓口を担っております。当院は「地域医療支援病院」に認定されており、紹介患者さんは優先的に診察をさせて頂きます。また、「在宅療養後方支援病院」として在宅医療を提供しており、かかりつけ医の求めに応じ受診・入院ができる体制や24時間体制による救急医療の提供、病院の施設・設備を共同で利用できる体制を整えております。

高額医療機器共同利用

地域医療機関の診療業務の充実を図るために、高度医療機器共同利用による地域連携を行っています。お申込み方法は下記のリンクよりご覧いただいます。

医療福祉相談課について

医療福祉相談課では、患者さんやそのご家族の抱える療養に伴う心配ごと(今後の生活や介護のこと、医療費や生活費のこと、制度の活用など)に対し、社会福祉の専門職として一緒に考え解決できるよう支援致します。また、退院後は安心して地域へ戻れるよう、病棟ごとに配置された医療ソーシャルワーカーが入院時より関わり、院内の職員はもちろんのこと、地域の医療、介護、福祉の関係機関と連携しながら支援する体制を整えております。