PC・スマホから5分で回答
来院前AI問診
問診はこちら

診療科・部門のご案内

腎臓内科

概要

健診で指摘される血尿・蛋白尿から急性腎不全、慢性腎不全、全身性疾患に合併する腎臓病まで、幅広く診断と治療を行います。腎臓病が末期となった際の腎代替療法については、血液透析、腹膜透析を実施しています。その他、LDLアフェレーシス、血漿交換等血漿中の不要な蛋白・抗体を除去する特殊な加療についても必要に応じて行っています。

当院は血液浄化センターを併設しており、120名を超える透析患者さんが通院しています。総合病院で複数の診療科と連携できるメリットを生かし、透析患者さんの合併症治療にも積極的に取り組んでいます。

また、長期のリハビリや手術が必要な透析患者さんを積極的に受け入れており、最近では映像を利用した透析中の簡単なリハビリ等についても施行しています。腎生検が必要な症例や、腎代替療法として腎移植が候補に挙げられる場合には、速やかに対応可能な施設へ紹介します。

ここに注目!3つのポイント

point01

多職種と連携して個々の患者さんに最適な腎不全治療を提供

point02

能登地域で唯一の夜間透析実施施設

point03

多くのアフェレーシス療法に対応

症状と対象疾患

高血圧症、各種腎疾患の診断と治療にあたります。急性・慢性腎不全に対して血液浄化療法を行います。腎不全の血液浄化のみならず、各種疾患に対する血液浄化療法を積極的に行います。

外来担当医表

常勤医・非常勤医師 (初診受付時間 8:30〜11:30)

 
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
初診     熊野   松田雄        
再診           野村 松田雄 熊野  

常勤医師・非常勤医師

常勤医師

熊野 奨(くまの しょう)
役職
血液浄化センター長
医師免許取得年月
2015年3月
専門分野
腎臓内科、腎移植、ネフローゼ症候群
専門医・資格
日本内科学会 内科認定医・指導医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 透析専門医
腎代替療法専門指導士
松田 雄斗(まつだ ゆうと)
医師免許取得年月
2018年3月
専門分野
腎臓内科
桂 康貴(かつら やすたか)
医師免許取得年月
2020年3月
専門分野
腎臓内科

非常勤医師

野村 和利(のむら かずとし)
所属
金沢医科大学
医師免許取得年月
2017年3月
専門分野
腎臓内科