PC・スマホから5分で回答
来院前AI問診
問診はこちら

診療科・部門のご案内

救急救命課

恵寿総合病院公式Instagram

救急センターの日常を発信中!ぜひご覧ください。

救急救命課について

救急救命士は、傷病者を医療機関に搬送するまでの間に必要な処置を施すプレホスピタルケア(病院前救護)の専門職として1991年、主に消防機関の救急車に乗務するための資格として制度化されました。その後、医師のタスクシフト・シェアの流れから2021年10月に救急救命士法が改正され、これまで搬送途上に限られていた業務の場が「病院到着後、傷病者が入院するまでの間」に拡大されました。これにより一定の条件下であれば病院内でも救急救命処置を実施することが可能となり、時を同じくして能登地区の救急医療を担う恵寿総合病院救急センター内の部署として、能登地区初で唯一、病院救命士が所属する『救急救命課』が誕生しました。

具体的な業務

  • 救急車内の医療機器、医療材料の点検・補充
  • 医療材料や備品の補充、管理
  • 薬品や医療機器の点検
  • 病院救急車を用いた搬送業務(転院・施設への搬送、お迎え搬送など)
  • 救急外来でのトリアージ、診療補助、各種検査同行
  • 災害対応(AMAT隊員資格あり)
  • データ管理

専門資格

  • 民間認定救急救命士指定基礎教育講習 修了
  • 施設管理者・指導者向け患者搬送安全走行スキルリーダー
  • 災害関連:AMAT、JMAT、BDLS、Hospital MIMMS、STOP THE BLEED
  • JPTEC
  • JTAS
  • PEEC
  • 病院管理者のためのユマニチュード®入門研修 修了
  • 医療コンフリクトマネージメント