PC・スマホから5分で回答
来院前AI問診
問診はこちら

診療科・部門のご案内

感染制御センター

感染制御課

感染制御課は、感染制御センターに設置され、院内感染対策を組織横断的に実践する病院長直属の実働部隊となります。院内感染の蔓延を防止するために、具体的な感染対策を担当する「感染対策チーム(ICT)」と、感染症診療において、患者さんへの効果的な抗菌薬使用と細菌の薬剤耐性獲得を抑止する「抗菌薬適正使用支援チーム(AST)」を組織し活動を行っています。更に、ICTの下部組織として「感染リンク委員会」もあり、ICT活動を推進しています。

主な活動内容

  1. 感染症サーベイランスの実施とフィードバック
  2. 院内感染発生時の迅速な対応
  3. 院内ラウンドの実施
  4. 職業感染予防
  5. 感染管理教育
  6. 抗菌薬の適正使用の推進
  7. コンサルテーション対応(院内感染対策および感染症診療)
  8. ファシリティマネジメント(感染対策における施設管理)
  9. 感染対策マニュアルの作成・改訂および周知徹底
  10. 地域医療機関との連携

構成員

医師3名(インフェクションコントロールドクター:ICD 3名)
看護師2名(感染管理認定看護師:CNIC 2名)
薬剤師2名(抗菌化学療法認定薬剤師:IDCP 1名)
臨床検査技師1名
事務員1名

感染防止対策の基本(標準予防策)

標準予防策とは、『汗を除くすべての血液、体液、分泌物、排泄物、傷のある皮膚、粘膜には感染性がある』とみなし対応する基本的感染対策のことです。その中で、手指衛生(手洗いと手指消毒)は最も重要な対策です。
当院では、職員、患者さんやご家族、病院に入られるすべての方に手指衛生を推進しています。

手洗い手順
手指消毒手順