PC・スマホから5分で回答
来院前AI問診
問診はこちら

診療科・部門のご案内

医療安全管理センター

基本方針

  • 職員一人一人が患者さんの安全確保を最優先し、安心して医療を受けられる環境づくりを行う。
    医療安全管理を行うとともに、常に医療の質の向上を目指す。 
  • 医療安全管理を組織全体の問題として捉え、個人の責任追及ではなく原因究明や事故予防対策・再発防止に取り組む。 
  • 患者さんへ医療内容に関する十分な説明や情報提供が行われるよう努める。 

医療安全管理センター業務

  1. 各部門と連携を図り医療安全管理対策を推進する。
  2. 医療安全管理対策に関わる取り組みの把握と評価を行うために定期的に医療安全管理部会を開催してカンファレンスを行う。 
  3. インシデント・アクシデントレポート事例(原則リスクレベル3b以上)と一定の条件で抽出した事例について、調査検討する。 

報告書の管理と分析

  1. インシデント・アクシデントレポートの収集と保管
    医療安全管理者が「インシデント・アクシデントレポート」を保管管理する。
  2. インシデント・アクシデントレポートの分析と検証
    必要に応じ当該部署において事例の分析(RCA分析)を行い、結果を医療安全管理委員会、 リスクマネジメント部会で報告し、職員にフィードバックすることにより再発防止に努めている。 
多職種で事例のRCA分析を行っている様子。
 当院におけるインシデント・アクシデントレポート提出状況と
GJ(Good Job)報告数