臨床研修センターについて

FAQ

研修についてのFAQ

(指導医の構成)
研修指導医の構成はどのようになっていますか?

指導医養成講座を受講した指導医が各診療科に配置されています。
当院では、臨床経験7年以上の指導医あるいは7年未満の指導助手が、マンツーマンで指導にあたります。
<指導医養成講座受講者数>
内科4名、消化器内科1名、循環器内科2名、家庭医療科2名、神経内科1名、小児科2名、リハビリテーション科1名、放射線科1名、緩和ケア1名、消化器外科4名、脳神経外科2名、整形外科3名、心臓血管外科1名、産婦人科3名、麻酔科1名、泌尿器科1名、皮膚科1名、耳鼻咽喉科1名、形成外科1名、救急部1名
34名(2016年10月現在)

(宿舎について)
研修期間中、病院の宿舎を借りることはできますか?

病院から徒歩5分~8分圏内に研修医専用宿舎が2棟あり、無料で提供しています。
駐車場、エアコン、インターネット環境完備。近くにショッピングモールがあります。
                               詳細は「環境写真」へ

 環境写真

(研修医の数と基幹型と協力型の関係)
毎年何人の研修医が入るのか?基幹型(2年)と協力型(1年)では内容が異なると思うのですが?

募集定員は、基幹型5名と協力型をあわせて7名です。よって、基幹型のマッチング数により協力型の数が変動します。
・研修医の待遇は、基幹型も協力型も同じです。研修内容は、基幹型も協力型も1年次は<必修>が内科6ヶ月・救急3ヶ月、<選択必修>3ヶ月です。
2年次は基幹型が<必修>地域医療1ヶ月(院外)・<選択必修>精神科1ヶ月(院外)、残り10ヶ月は<選択>で、自由にプログラムを構成できます。
 ただし、基幹型、協力型で以下の相違点があります。基幹型は2年間で3ヶ月まで院外研修できるところです。
・協力型プログラムは、各大学のコース規程に従います。

(医学ジャーナルへのアクセス)
院内のネットで、いろいろなジャーナルにアクセスすることは可能でしょうか?

はい、可能です。個人のPC、あるいは研修医室・図書室・医局・カンファレンスルームなどのPCで、論文検索システム、ジャーナルへアクセスできます。

FAQ

お問い合わせ

研修医希望の方
恵寿総合病院 臨床研修センターへ
ご連絡ください。
TEL: 0767-52-3211
E-mail: kenshu@keiju.co.jp