初期臨床研修

臨床研修

理念・特徴

研修の理念

患者の身体ばかりでなく、心理、社会面を含めて総合的に診ることができる。いわゆる全人的医療を目指す。

地域医療を担うために必要な基本的知識、技術、態度の修練を通じてコミュニケーション能力、判断力、問題解決能力を修得する。

医療人としての誇り、責任感、感性などを養い、プロ意識の土台を築く。

研修の特徴

主体性を重んじた参加型研修
・研修医の希望を最大限に反映した研修計画
・情熱を持った指導医による見守り指導
・技能訓練から臨床推論までを継続的に行う診療能力獲得重視の研修
・研修医の経験した症例を院内全体で検討するオープンカンファレンス
・学会発表から論文作成まで実績をサポートする指導体制

当院でしか経験できない外来研修
・2年間にわたる毎週半日の外来継続診療研修
・家庭医療科指導医陣によるマンツーマン指導

一次から三次まで何でも診られる救急研修
・常勤救急専門医による重症患者管理の個別指導、系統的講義
・救急だけで終わらないその後の外来・入院継続診療指導
・インテンシブな「浦添総合病院」「日本医科大学付属病院」「東邦大学医療センター」での救急研修

『新しい内科/外科専門医制度が始まります。内科/外科専門医を目指す研修医にとって当院の臨床研修プログラムは極めて有利です。』

 恵寿総合病院2022年度臨床研修プログラム