医療関係者の方へ

看護師特定行為研修センター

特定行為に係る研修制度

恵寿総合病院の看護師特定行為研修基本理念
特定行為研修は、看護師がチーム医療のキーパーソンを担い、地域住民や患者、医師、歯科医師やその他の医療スタッフから期待される役割、責任を十分に担うために、医療安全に配慮し、地域包括を含む医療現場において高度な臨床実践能力を発揮できるように自己研鑽を継続する基盤を養う。

恵寿総合病院では、基本理念を踏まえ、看護師特定行為研修センターを設置し、看護師特定行為研修に取り組むことになりました。2016年8月4日付で、厚生労働省が指定する研修期間に指定されました。

第3期 研修期間

2018年10月1日~2019年9月30日

特定行為区分

・呼吸器(気道確保に係るもの)関連 *法人内看護師のみ
・呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連 *法人内看護師のみ
・呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
・栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連

・血糖コントロールに係る薬剤投与関連(申請中)
・動脈血液ガス分析関連(申請中)
・創傷管理関連(申請中)

定員

9名(定員に達しました)
各区分3名程度 *応募多数の場合試験を実施

募集期間

2018年8月16日から2018年8月30日 *一次募集

募集要項

詳細PDF
募集ポスター

必要書類

1)受講願書(様式1 PDF) 
2)履歴書(様式2 PDF)  
3)志願理由書(様式3 PDF) 
4)推薦書(様式4 PDF)原則として所属機関の推薦とします。 
5)緊急連絡先(様式5 PDF) 
6)看護師免許(写) 
※ 提出された出願書類は返却いたしません。 

0767-52-3211

(担当 看護師特定行為研修センター)

戻る