診療科

診療科

病院長ごあいさつ


2019年4月病院長を拝命しました。
当院は85年前、職員15名の医療機関の時代から当地で地域住民の健康維持に努め、地域の中核医療施設として社会・経済・文化の発展向上に貢献すべく活動してまいりました。

1997年からオーダーリング、2002年には電子カルテ、2015年には病院外からの電子カルテ利用が可能となるリモートアクセスの運用を開始しました。このようにいつでも、どこでも情報の共有・一元化を行うことが医療にとって重要であると考え、また地域の距離を縮めるためにいち早く医療IT化を促進してまいりました。

2013年には本館が新築され、電子カルテの仮想化と診察室のフリーアドレス化が癒合したユニバーサル外来となりました。これにより患者さん・医師の移動動線が短くなり、利便性が図られました。最近では外国人患者受け入れ医療機関認証・日本医療機能評価機構3rdG認証取得などの医療の質の継続的改善を行い、看護師特定行為研修・医師の臨床研修などの教育にも熱心に取り組んでおります。

医療制度・働き方改革・人間の価値観など時代の変化はありますが、人は人をたすけるためにできています。私たち医療者はこれを生業(なりわい)としているわけですので、仕事に誇りをもって職員一同頑張っていきたいと思います。

先端医療から福祉まで「生きる」を応援していく所存ですので、地域のみなさま、そして医療関係の方々には引き続き、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

2019年4月 鎌田 徹
戻る