診療科

診療科

家庭医療科(家族みんなの医療センター)

外来部門 移転のお知らせ


2015年3月16日より、家庭医療科の外来診療は「恵寿ローレルクリニック」にて行っております。
より良い医療を提供できるよう努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

・恵寿ローレルクリニック
TEL 0767-57-5500
http://www.keiju.co.jp/laurel/

家庭医療科について

家庭医療科では、小さなお子様からお年寄りまで性別、年齢に関係なくどのような方でも診療を受けられます。基本的にどのような症状であっても当科で対応させていただきますが、特に次の方の受診をお勧めします。
◆担当医師
科長 吉岡 哲也
医長 伊達岡 要
医師 二川 真子

  1. 風邪、頭痛、胸痛、腹痛、下痢・便秘、関節痛などといったよくある症状。
  2. 倦怠感、不眠、めまいなどといった何科に受診していいか迷う症状。
  3. 症状がいろいろとある方。
  4. 高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病。
  5. 妊娠している方の症状、病気。
  6. 通常の妊娠(妊婦検診)。
  7. 親子や家族で受診したい方。
  8. 家族のことについても相談したい方。
  9. いくつもの病気を併せ持っている方。
  10. 2つ以上の診療科や病院にかかっていて1か所にまとめたい方。
  11. 午前中の受診が難しい方。

明らかに各専門科に直接受診した方がよい場合にはその科を紹介させていただきます。また、緊急に対応しないと生命に関わるような場合は当院救急センターが対応いたします。

当科受診後、多くの方はそのまま当科の医師がかかりつけ医としていろいろな健康上の問題について診療させていただきます。その中で各科専門医の受診が必要と思われる症状、疾患については各科に紹介いたします。

当科では産婦人科・小児科と連携しながら妊婦検診、乳児1か月検診も行っております。母子ともに生まれる前から生まれた後まで長くお付き合いできる科ですので、病気だけでなく心の悩みや家族の問題なども含めて広い視点でみていきます。お子様だけでなく、おとうさん、おかあさん、おじいちゃんやおばあちゃんも含めて「家族みんな」でいっしょに受診されることも可能です。

お年寄りについては病気だけでなく体の衰えや物忘れなどいろいろな問題もあることから各専門科での対応が困難になっています。当科ではそれらをまとめて対応することが可能です。人生の最期までより快適に過ごせるよう、緩和医療科とも連携しながら診療にあたっています。

このように一つの科でいろいろな問題を扱うことに不安を感じるかもしれませんが、実は世界的にはこのような家庭医・総合医と言われる専門医が養成されています。家庭医がより多くの人に医療を提供することによって医療の質が向上することが示唆されています。日本でもようやく「総合診療専門医」の養成に向けて動きが始まったところです。

当院は「家庭医療専門医」を育成する北陸でも数少ない施設です。そのために研修医も診療に当たりますが、家庭医療先進国のアメリカで研修を受け専門医資格を持つ複数の医師が常に指導に当たっていますので、ご心配はいりません。

戻る