診療科

診療科

循環器内科(恵寿ハートセンター)

    恵寿ハートセンターは、最も高度な技術と、患者さんを中心とした心臓血管疾患に対する医療を提供いたします。特に心臓カテーテル検査・治療に力を入れており、最新の設備を備えたカテーテル室と十分なトレーニングを積んでいる最高のスタッフにより狭心症・心筋梗塞はもとより末梢動脈疾患のカテーテル治療も積極的に行っています。能登地域において24時間365日の心臓血管疾患、特に急性心筋梗塞や不安定狭心症など虚血性心疾患への緊急カテーテル治療を含めた心臓血管救急への対応と地域医療機関からの紹介の受け入れ態勢を整えております。当センターでは、地域医療機関との連携を重視しメタボリック症候群(高血圧や高脂血症など)や比較的軽度で状態が安定している患者さんは、通院に不便がないよう患者さんがお住まいの地域の診療機関へ定期的な診療をお願いし、高度な検査や侵襲的な治療が必要な場合や状態に変化が生じた場合にはご紹介をいただいております。また、他院へかかりつけの場合でも救急や重症の場合にはいつでも積極的に受け入れております。

<循環器内科常勤医師>
科長 宝達 明彦
医師 寺田 和始

外来担当者

■ 常勤医・非常勤医師 (初診受付時間 8:30〜11:30)

 
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
初診 宝達

寺田
宝達

寺田
(2・4)

宝達
再診

宝達
寺田
柴山


※月曜日の初診担当医は日によって変動致しますので、予めご了承ください。

症状と対象疾患

循環器内科では次のような症状を扱っています:
●発作性の胸痛や胸の不快感(特に労作時)
●呼吸困難
●動悸(特に著しく速いまたは遅い場合や脈が乱れる場合)
●失神
●歩行時のふくらはぎの筋肉痛(休むと改善する)
●下肢の冷感やしびれ
●浮腫

循環器内科の対象疾患:
●虚血性心疾患:心筋梗塞、狭心症
●心不全(急性、慢性):虚血性心不全、拡張型心筋症など
●不整脈:心房粗細動、発作性上室性頻拍(WPW症候群など)、心室頻拍、心室細動、房室ブロック、洞不全症候群
●弁膜症:大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症
●心筋症:拡張型心筋症、肥大型心筋症
●末梢動脈疾患(PAD)

戻る