診療科

診療科

麻酔科

「手術麻酔管理」「ペインクリニック」を二本の柱に、各診療科と協力しながら、患者さんを中心にした診療を行っています。手術前に麻酔科専門医が、麻酔科外来で診察と説明を行い、安全で質の高い麻酔を提供できるようにしています。また、全身麻酔に、末梢神経ブロックや硬膜外ブロックなどを併用し、手術後の痛みの予防にも努力しています。
「ペインクリニック」では、痛みによって生活が制限されている患者さんに対して、経験豊かなペインクリニック学会専門医が、神経ブロックだけではなく、薬物治療を併用しながら、患者さんの希望を最大限に取り入れ、生活の質の向上をめざして、最適な治療を行っています。また、地域唯一の入院に対応できる疼痛専門診療科として紹介患者にも対応しています。
<麻酔科常勤医師>
中央手術部長・臨床工学部長・科長 長谷川 公一
科長 櫛田 康彦

外来担当者

■ 常勤医・非常勤医師

 
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
初診・再診 長谷川
(第2・4)
  櫛田
          長谷川
(第1・3・5)
 
櫛田
(第1・3・5)
            櫛田 
(第2・4)
 

症状と対象疾患

麻酔科では次のような症状を扱っています:
●頭痛、顔面痛、開口障害、あごの痛み、頸・肩の痛み、手のしびれ、胸・背部の痛み、腹痛、腰下肢の痛み・しびれなど身体のあらゆる箇所の痛み
●その他、神経に由来する症状全般(顔面・眼瞼けいれん、顔面神経まひ、多汗症、血行障害など)

麻酔科の対象疾患:

●各種疼痛性疾患:
帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、筋筋膜性疼痛症候群、脊髄損傷後疼痛、幻肢痛、開胸手術後疼痛症候群、糖尿病性末梢神経障害、三叉神経痛、顎関節症、肋間神経痛、慢性膵炎、頸椎腰椎椎間板ヘルニア、頸椎腰椎椎間関節症、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)、テニス肘(スポーツ障害)、坐骨神経痛、四肢血行障害、癌性疼痛
●その他:
顔面神経麻痺、顔面眼瞼けいれん、突発性難聴、手掌多汗症

無痛分娩の取り組みについて


20132014201520162017 
分娩数333324309273253 
無痛分娩数919263322 
無痛分娩の割合2.7%5.8%8.4%12%8.6%
無痛分娩とは・・・
麻酔を使い痛みを和らげながら行うお産です。
詳しくはこちらをご覧ください。

無痛分娩までの流れ
妊婦健診時の保健指導・妊婦教室での集団指導で分娩についての説明があります。
無痛分娩を希望する方には、分娩前に麻酔科を受診し無痛分娩の説明を受けて頂きます。
希望する方が分娩入院した時点で麻酔科医に連絡します。希望していても、普通分娩のまま分娩したり、分娩前に麻酔科を受診していない方でも、 希望すれば無痛分娩に切り替えることができます。
分娩終了後は、麻酔科医が診察し異常がないことを確認します。翌日も麻酔科医による 診察があります。その他は普通の妊婦さんと同じです。
入院中の流れについて(PDF)

急変時への対応
母児の状況により 緊急帝王切開や児の管理が必要と考えられる場合は、麻酔科や小児科と速やかに連携して対応しています。年1回は、手術室・救急外来など関係部署との緊急帝王切開シミュレーションを行ってい ます。他、病棟での急変時の対応できるようシュミレーションをおこなっています。
2018年度危機対応シミュレーション予定(PDF)

無痛分娩麻酔担当者 
長谷川 公一(はせがわ こういち)
櫛田 康彦(くしだ やすひこ)

戻る