診療科

診療科

リハビリテーション科

能登地区で唯一のリハビリ専門医が全科の外来・入院患者様に必要なリハビリ処方を提供しています。
脳卒中による片麻痺患者のリハビリには歩行分析、治療的電気刺激や部分免荷などの先端機器も利用しています。脳卒中および、膝、股関節術後患者様などのリハビリはクリニカルパスにそって回復期リハビリ病棟(能登で唯一)で365日休まずリハビリを施行しています。 病院で理学療法、作業療法、言語療法などのリハビリ治療を急性期から回復期まで提供し、さらに研修医の指導も行っています。

<リハビリテーション科常勤医師>
副病院長・病院長補佐・リハビリテーション部長・科長 川北 慎一郎
顧問 平井 文彦

外来担当者

■ 常勤医・非常勤医師

 
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
初診・再診 川北 伊達岡  川北 平井中川  
平井    八幡(月1回) 川北

 

症状と対象疾患

リハビリテーション科では次のような症状を扱っています:
●歩行障害、巧緻性障害、ADL障害、高次脳機能障害、呼吸障害、摂食障害、嚥下障害、
疼痛(首、肩、膝、腰、股関節など)、しびれ、体力低下、筋力低下、転倒介護予防、認知症、
メタボリック症候群、言語障害、発達障害などあらゆる障害に対してリハビリアプローチを処方、指導します。
●脳卒中、脊髄損傷、頭部外傷、脳性麻痺などの合併症である痙縮(手足のこわばり)に対してボツリヌス療法を数多く実施しています。
ボツリヌスで改善しない痙縮にはバクロフェンの髄腔内投与も開始しました。

リハビリテーション科の対象疾患:
●脳卒中、脳外傷、パーキンソン病、脳変性疾患、認知症、脊髄脊椎疾患、骨関節疾患、リウマチ、腰痛、末梢神経疾患、顔面麻痺、呼吸・循環器疾患、切断、脳性麻痺、小児疾患、代謝疾患、がん患者、心疾患、廃用症候群などあらゆる疾患により基本動作や日常生活活動が低下した方が対象となります。
●他院での急性期治療後のリハビリを発症2か月以内に受け入れます。                  
●希望者には、慢性期(発症6か月以降)の麻痺に対する新しい治療(電気刺激ボツリヌス)を行います。            

摂食嚥下外来   

摂食嚥下障害の方(可能性がある方)を対象に、検査治療を行っております。
詳しくは、パンフレットをご覧ください。

摂食嚥下外来パンフレット(PDF)




   

戻る