診療科

診療科

整形外科

運動器とは、四肢・体幹の骨格、関節、靱帯、筋や脊髄・神経であり、身体の感覚を脳に伝えて、反射的あるいは意志に基づく身体の運動を行う器官でありますが、整形外科とは運動器に関する疾患を診断し、治療を行う専門的な診療科であります。近年、ますます高齢化社会が進み、加齢に伴う整形外科的疾患は増加しています。交通災害や労働災害・スポーツ災害も、決して減少しているとは言えません。国民が感じる愁訴として最も多い、肩こり、腰痛、関節痛は整形外科の対象疾患であり、さらに生活の質の向上を目指す価値観の変化は、整形外科の必要性を増加させています。私達は、運動器疾患のプロとして最新の医療を提供し、皆様の生活背景にあった、より良い整形外科的治療を、適切に提供できるように努力しています。

<整形外科常勤医師>
科長 森永 敏生
医長 山本 大樹 
医師 下川 寛右 

外来担当者

■ 常勤医・非常勤医師(初診受付時間 8:30〜11:00)


午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
初・再
森永
山本  
担当医
(初診のみ)

森永
森永
山本

下川


山本
下川  
再診 下川   森永     下川 山本
※午後からは予約患者のみの診療となります。

症状と対象疾患

整形外科では次のような症状を扱っています:
●骨、関節、神経、靭帯、筋肉の痛みや損傷、機能障害を扱っています。
打撲、骨折、捻挫などの外傷や椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、関節リウマチ、骨粗鬆症などの慢性疾患などを症状に応じて診察、検査、治療しています。

整形外科の対象疾患:
●外傷
骨折、脱臼、アキレス腱断裂、手指の腱断裂
骨粗鬆症に伴う骨折
大腿骨頚部骨折、上腕骨頚部骨折、橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折

●関節疾患全般
変形性股関節症、大腿骨頭壊死症
変形性膝関節症、膝半月板損傷、膝関節靭帯損傷
リウマチ性関節症、痛風性関節症
肩関節周囲炎、肩腱板断裂
足関節靭帯損傷、外反母趾

●頚椎・胸椎の疾患
頚椎症
頚椎・胸椎椎間板ヘルニア
脊柱靭帯骨化症・・・・後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症

●腰椎の疾患
急性腰痛症(ぎっくり腰)
腰椎症
腰椎椎間板ヘルニア
脊椎分離症・すべり症
腰部脊柱管狭窄症

●末梢神経障害
手根管症候群、肘部管症候群

●その他
腱鞘炎
骨髄炎、化膿性関節炎
四肢骨の変形、短縮による機能障害
骨軟部腫瘍、転移性骨腫瘍

戻る