チーム医療

チーム医療

SU Stroke Unit(脳卒中診療チーム)

脳卒中診療チームは脳卒中患者さんの治療成績向上を目的とした、多職種からなる院内組織あるいはシステムのことです。患者さんの情報や認識を関係スタッフが共有し具体的な治療方針を決定しています。

NST Nutrition Support Team(栄養サポートチーム)

栄養サポートチームは患者さんの栄養の改善を支援する医療チームです。医師のみならず多職種の専門職員が知恵を絞り、工夫をし、患者さんの栄養全般について支援しています。

RST Respiratory Support Team(呼吸器サポートチーム)

呼吸器サポートチームは主に人工呼吸器を装着している患者さんを対象に病棟回診、また院内勉強会を通して、院内全体での「呼吸療法」における医療安全と呼吸器ケアのレベルアップを目的として活動しています。

糖尿病診療チーム 

糖尿病診療チームは、医師、看護・栄養・リハビリ・薬剤・検査・臨床心理・社会福祉などのスタッフが、専門的治療から療養・生活での困りごと、心の問題まで対応し、患者さん中心にトータルな診療を行っています。

インフェクションコントロールチーム 

インフェクションコントロールチームは、病院や施設内の感染症に関する予防、教育、医薬品などの管理を担当する専門のチームです。 感染の管理を行うことでそのリスクを最小化することを目的とするほか、得られた感染情報に基づき院内で迅速に対応することで、患者さんや家族はもちろん、現場で働くスタッフたちを感染から守ります。

褥瘡対策チーム 

褥瘡とは、同じ格好で寝ていたり座っていることによって、血液の流れが悪くなり皮膚やその下にある組織が傷ついてしまう状態をいいます。一度できると治りにくいこともあるため予防が大切になります。各病棟から褥瘡リスクが高い入院患者さんを挙げてもらい、褥瘡の治療や予防について、いろいろな職種のスタッフがチームを組みカンファレンスを行い、褥瘡の治療・ケアに当たっています。