後期臨床研修

家庭医療研修

恵寿家庭医療研修プログラム

吉岡先生

プログラム責任者・恵寿ローレルクリニック院長 吉岡 哲也
認定指導医 吉岡 哲也/新井 隆成/高藤 早苗







研修プログラムの特徴

1.家族みんなの医療センターで統合的に研修
 3年間の研修の中心となるのが「家族みんなの医療センター(MCEF)」です。ここでは家庭医療科、緩和医療科、産婦人科、小児科が一体となった入院外来診療を提供しています。
 MCEFの外来診療の場であり、診療所研修の場となる「恵寿ローレルクリニック」では、子供から大人までの一般診療を行うだけでなく、妊婦健診も含めた女性診療、乳児健診も行っています。研修医は米国家庭医療専門医から指導を受けると共に、必要に応じて産婦人科、小児科専門医の指導も受けます。
 病棟研修では、恵寿ローレルクリニック通院患者と高齢者を中心に担当し、特に高齢者、重篤な疾患(悪性腫瘍や心不全など)の患者のケアでは緩和医療を専門とする指導医と日常的に検討を行いながら診療を行います。

2. 最大限に家族全体を継続的に診られる3年間
 恵寿ローレルクリニックの外来は、3年間通して毎週最低1コマは担当しますので、3年間を通して小児を含めた患者家族全員の医療を提供しながら研修できます。自分の担当する外来、在宅患者が入院となったときも、通常の診療を継続しながら主治医として入院診療を行えます。研修医が健診を担当する妊婦については分娩時には自ら分娩介助を行います。産まれた新生児についてもその時点から診察を開始し、その後も母子ともに継続して外来診療を行えます。

3.多彩で重厚な指導医陣
 後期研修医の教育に専念する当プログラムのプライマリ・ケア学会認定指導医3人のうち、1人はアメリカ家庭医療専門医・老年医学専門医、1人は日本産婦人科専門医を保有し、1人は緩和医療・漢方を専門とする指導医です。
 また恵寿総合病院は主要専門科のそろった垣根のない医局を有するため、いつも気軽に各専門科の指導を仰げる環境にあります。

4.毎日多様で多彩なカンファレンス
 月に2回はニューヨーク州立大学家庭医療科のDr.BaileyとSkypeでつないで症例検討会を行います。昼はランチをとりながら「臨床の焦点(笑点?)」と題して臨床推論を中心とした症例検討会を楽しく行っています。院内ではすべての端末からDynaMed、UpToDate、メディカルオンライン、主要なオンラインジャーナルが無料で利用できる環境で、日常のカンファレンスでも多用されています。

5.シミュレーション教育も取り入れた様々な教育セッション
 当プログラムは、Advanced Life Support in Obstetrics(ALSO)をはじめ、Basic Life Support in Obstetrics(BLSO)、AHA-BLS,ACLS,PALSコースを毎年定期的に開催しています。またNeonatal Cardiopulmonary Resuscitation(NCPR)などそのほかのシミュレーションコースへの参加も支援しています。
 そのほかにもハンズオンを重視したセミナー、外部・海外講師を招いた講習会、能登半島各病院を巡回しながらの総合診療検討会など年間を通して様々な教育セッションが開催されます。

6.女性診療と緩和老年医学を強化したい方へ
 当プログラムの強みは産婦人科と緩和医療科と一体化した診療と教育の提供です。特に女性診療を極めたい方については、3年間通して女性診療の研修を続けられるだけでなく、分娩介助のスキルまで身に着けることができます。当病院は産科シミュレーション教育の拠点でもあり、プライマリ・ケア医が産婦人科診療まで行える技術を身に着けるためのサポートを行っています。
 また、さらに自分のサブスペシャリティとして研修したい方には、女性診療と緩和・老年医学の1年間のフェローシップも提供しています。他プログラムを修了された方で、さらにこの領域を深めたい方にもお勧めです。

 家庭医療研修週間スケジュール

家族みんなの医療センター 非常勤指導医

R.Eugene Bailey,MD

R . Eugene Bailey, MD
家族みんなの医療センター 非常勤指導医
ニューヨーク州立大学医学校
家庭医療科 准教授

I am a member of the Department of Family Medicine, SUNY Upstate Medical Center, Syracuse, NY for the past 25 years. I am currently Associate Professor and practice and teach full-scope family medicine taking care of patients of all ages. I also serve as Volunteer Master faculty, am medical director for a non-profit health center primarily reaching out to the underserved in my community, am team physician for the Syracuse Crunch, a professional affiliate AHL hockey team to the NHL Tampa Bay Lightning, and am school physician for East Syracuse-Minoa school district.

Recently, I have joined the Keiju MCEF Family Medicine Residency program as Adjunct Faculty. I was introduced to my Japanese colleagues in 2007 when 3 OB/GYN faculty visited the United States to learn about an exciting emergency obstetrical course called Advance Life Support in Obstetrics (ALSO). Since this time, I have continued to lead and support ALSO Japan and have expanded my role to become faculty for medical students and residents interested in the specialty of Family Medicine. I connect electronically to the residency every 2 weeks through Skype for case presentations and educational topics and travel annually for participation in formal educational sessions.

As a family physician, I provide my patients with care that is compassionate, comprehensive, respectful and of the highest quality possible. I believe it is important to treat the whole person by focusing on their physical, emotional and spiritual needs. In addition, I am a strong proponent of integrating current technology into my medical practice to advance the future of family medicine.

My interests include medical student and residency teaching, family-centered maternity care and women’s health, sports medicine and evidence-based practice. I also travel internationally to volunteer at rural health clinics in Central America and as well to implement and develop the ALSO program.

後期臨床研修

お問い合わせ

研修医希望の方
恵寿総合病院 臨床研修センターへ
ご連絡ください。
TEL: 0767-52-3211
E-mail: kenshu@keiju.co.jp