病院の取組み

病院の取組み

令和元年度 恵寿総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 37 40 118 215 221 422 959 1,522 1,447 592
当院は、急性期から回復期や在宅復帰に向けた療養を行える病床を有したケアミックス型の総合病院です。年齢層は幅広く、中でも高齢化の影響で60歳以上の患者さんが多く、全体の約80%を占めております。ケアミックス型病院は、急性期治療を終えたあとに、必要があれば病状に応じた病棟へ転棟して療養を継続することができます。
地域の中核医療施設として質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科、消化器内科、家庭医療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 176 2.13 2.63 0% 68.31
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 141 32.21 20.84 2.84% 86.09
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 101 3.42 7.46 0% 80.37
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 79 23.7 12.58 1.27% 85.19
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 70 14.86 9.79 0% 77.17
内科では誤嚥性肺炎の患者さんが多くなっております。高齢の患者さんが多く、重症化しやすいため、4週間以上の入院となることが多いです。また、誤嚥性肺炎を除く他の肺炎はDPCでは重症度により細分化され、上位件数に入っていませんが、年間200件を超える症例があります。能登地区唯一の血液内科、呼吸器内科専門医がおり、血液がん、肺がん患者さんの入院も多くなっています。消化器内科では内視鏡的治療を得意としており、大腸ポリープや胆管結石・胆管炎、早期胃がんなど内視鏡的治療を積極的に行っています。
消化器外科、乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 41 6.68 4.85 0% 68.15
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 36 9.42 8.89 0% 72.31
060150xx03xxxx 虫垂炎 22 5.77 5.45 0% 41.59
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 19 9.42 10.34 0% 67.11
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 18 8.56 6.37 0% 67.28
DPCコードで分類すると、消化器外科・乳腺外科で最も多い症例は鼠径ヘルニアの症例です。次いで、腸閉塞や虫垂炎、乳がんの治療を多く行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) - - - - -
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) - - - - -
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - - - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 - - - - -
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) - - - - -
小児科では新生児における低血糖や低体重に関する治療が最も多く、次いで肺炎や腸炎などの感染症の治療も多く行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 67 65.48 25.94 4.48% 83.93
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 56 41.09 19.40 1.79% 80.59
160760xx97xxxx 前腕の骨折 36 10.39 5.54 0% 61.86
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 33 6.48 4.70 0% 72.58
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 25 41.76 20.74 0% 86.68
整形外科では高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で、大腿骨近位部骨折及び腰椎圧迫骨折が多くなっております。
形成外科、美容外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 - - - - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 - - - - -
080010xxxx0xxx 膿皮症 - - - - -
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) - - - - -
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 - - - - -
形成外科では他の医療機関からの紹介を多く頂いており、粉瘤や眼瞼下垂、皮膚がんの他、膿皮症など細菌感染の治療も行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 16 20.13 11.86 12.5% 80.69
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)RankinScale0.1.2 12 39.67 16.13 0.0% 69.83
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 11 43.09 7.34 10.0% 67.45
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 10 82.5 20.96 0.0% 68.6
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)RankinScale3.4.5 10 71.4 19.66 0.0% 82.5
脳神経外科では脳卒中の急性期病変(脳梗塞、脳出血)の入院が多くなっています。脳神経内科、リハビリ科と連携してチーム医療を実践し、急性期の診断・治療から回復期リハビリ、退院後の維持期の治療・介護までカバーしています。また脳梗塞は年間100件を超える症例があります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術あり 67 2.58 2.78 0% 66.79
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 12 2.67 8.48 0% 62.92
050130xx99000x 心不全 - - - - -
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 - - - - -
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) - - - - -
心臓血管外科で最も多いのは下肢静脈瘤の手術症例です。狭心症、虚血性心疾患に対するバイパス手術も行っております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 帝王切開術等 32 12.69 9.66 0% 34.44
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 25 22.72 19.06 16% 33.2
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 23 7.87 5.59 0% 29.52
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 21 11.29 9.71 0% 47.48
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 16 6.38 6.69 12.5% 31.75
胎児及び胎児付属物の異常とは胎児発育不全や羊水過少症などが主な症状で、母体管理入院が多くを占めており、既往帝切後妊娠の患者さんで再度帝王切開を行う症例が多くなっております。
切迫流早産・骨盤位・胎児異常などのハイリスク妊娠、分娩の母体管理、胎児診断などの安全な周産期医療に取り組んでいるほか、県内外からの里帰り分娩の受け入れに加え、無痛分娩(硬膜外麻酔下分娩)にも積極的に取り組んでいます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 片眼 204 3 2.78 0% 73.99
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 両眼 17 4.88 5.09 0% 76.82
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 - - - - -
020250xx97xxxx 結膜の障害 - - - - -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 - - - -
眼科で最も多いのは白内障の症例です。次いで多いのが黄斑、結膜の障害となっております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 20 4.05 5.01 0% 70.55
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術あり 15 8.13 7.76 6.67% 54.73
030428xxxxxxxx 突発性難聴 11 7.91 8.93 0% 48.09
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - - - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 - - - - -
耳鼻咽喉科では突発性難聴・顔面神経麻痺に対するステロイド治療を行ったり、急性咽頭喉頭炎については食事がとれない方に入院加療を行っております。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん - - - - -
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)RankinScale3-5 - - - - -
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)RankinScale0-2 - - - - -
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) - - - - -
070341xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 - - - - -
神経内科では能登地区で数少ない神経内科専門医が勤務しており、入院症例では脳血管障害が多くなっております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 17 8.53 9.00 0% 69.59
080010xxxx0xxx 膿皮症 - - - - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 - - - - -
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 - - - - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 - - - - -
皮膚科で最も多い症例は帯状疱疹で、痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする疾患ですが、早期診断、早期治療を行わないと潰瘍となり、瘢痕を残したり帯状疱疹後神経痛が持続する可能性が高くなります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 29 7.17 7.07 0% 76.17
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 27 2 2.49 0% 68.59
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 尿管結石 20 2.4 2.64 0% 60.8
11013xxx02xxxx 下部尿路疾患 神経因性膀胱、尿道狭窄症 10 3.2 6.95 0% 74.1
110080xx991x1x 前立腺の悪性腫瘍 - - - - -
泌尿器科では最も多いのは膀胱腫瘍に対する膀胱悪性腫瘍手術のための入院です。術後の早期退院を目指しております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 72 5.35 4.40 0% 71.25
050130xx99000x 心不全 56 23.23 17.71 0% 86.23
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 41 2.51 3.01 0% 69.44
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 39 2.49 3.15 0% 71.49
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 33 19.88 15.69 0% 68.85
循環器内科では心臓カテーテル治療のための入院や心不全の治療、狭心症などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査のための入院を多く行っております。心不全の患者さんの平均年齢は80歳を超え、高齢化がすすんでいるため、在院日数が長めになってきています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - - - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - - - -
麻酔科で最も多いのは、癌の疼痛緩和目的の入院です。治療が困難とされたがん患者様の苦痛を和らげる緩和ケアの体制を整えています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 76 - 10 11 - 26 1 8
大腸癌 15 19 30 24 - 27 1 8
乳癌 27 14 - - - - 1 8
肺癌 - - 22 45 - 73 1 8
肝癌 - - - - - 16 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しています。
当院は他医療機関と連携しており、手術後、治療後の経過観察目的の患者様を受け入れているため再発の割合が高くなっています。また、当院は緩和ケアチームを有しており、治療が困難とされたがん患者様の苦痛を和らげる緩和ケアの体制を整えています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 14.55 55.18
中等症 110 23.97 81.5
重症 14 36 87.93
超重症 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎の患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、年齢を集計したものです。
重症度は、軽症から超重症の4段階で分けられています。当院では、中等症が最も多く、軽症~中等症の患者が86%を占めています。
高齢者では重症度が高い傾向があり、平均在院日数も長くなる傾向があります。
※日本救急医学会のショックの定義「収縮期血圧90mmHg以下」を採用
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 124 83.19 78.74 2.94%
その他 12 67.58 78.67 0%
脳梗塞は国際統計分類(ICD-10)では、I63$に分類されます。
発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期脳梗塞が全体の9割と高率となっております。
平均年齢は78歳で、高齢者の方が多くなっております。
当院では急性期医療だけでなく、回復期リハビリテーションを担う回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期から回復期、在宅まで一貫した総合的な脳梗塞治療管理を行うことが可能です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科、消化器内科、家庭医療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 181 0.23 1.2 0% 69.5
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 62 0.56 7.4 0% 71.53
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 59 3.05 22.97 0% 82.24
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 27 1.96 45.37 0% 76.3
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 21 2.52 7.52 0% 69.52
内科・消化器内科では大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ粘膜切除術を最も多く行っております。次いで胆石や胆管癌などの胆道疾患に対して行われる内視鏡的胆道ステント留置術の症例数が多くなっております。
消化器外科、乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 1.12 7.9 0% 67.38
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 37 1.08 5.41 0% 68.76
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 24 6.38 20.67 0% 74.75
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 23 0.22 4.61 0% 43.04
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 16 1.31 6.38 0% 66.31
消化器外科・乳腺外科で行っている手術内容で頻度の高いものは、胆のう胆石症や鼠径ヘルニアなどの良性疾患をはじめ、乳癌や結腸癌、直腸癌などの消化器悪性疾患があります。以前から積極的に腹腔鏡下手術を導入しており、低侵襲手術を心がけております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 64 3.19 60.78 4.69% 82.45
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 39 2.38 18.23 0% 64.82
K093 手根管開放手術 27 0.89 3.96 0% 75.11
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 7.96 61.28 0% 81
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕、下腿) 25 0.93 1.57 0% 58.43
整形外科では高齢化社会に伴い、骨粗鬆症に伴う骨折が増加しており、骨折観血的手術が最も多くなっております。
当院では麻酔科専門医の協力もあり、骨折等、受傷後の早期手術が可能です。
形成外科、美容外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K013-21 全層植皮術(25c㎡未満) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
形成外科で頻度の多いものとしては、皮膚がんに対する全層植皮術や、出血を伴う外傷の治療、皮膚の腫瘤の切除が挙げられます。診療にあたっては丁寧な説明により納得して治療を受けて頂くことと、麻酔の注射から傷のガーゼ交換まで出来るだけ少ない苦痛で的確な診療を行うことを心がけています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 0 18.41 11.76% 80.12
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
高齢化に伴い、軽微な外傷を契機に慢性硬膜下血腫を発症し、手術適応になるケースが増加しております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 65 0.66 0.91 0% 66.49
K610-3 内シャント設置術 12 0.25 1.42 0% 62.92
K5551 弁置換術(1弁のもの) - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上のもの) - - - - -
心臓血管外科では下肢静脈瘤に対する血管内レーザー治療を最も多く行っております。レーザーの熱で血管を焼いてふさぐ治療で、血管を引き抜くなど従来の治療法と比べ傷口が小さく、治療後の合併症や痛みが少ないと言われております。
主な手術としては、弁置換、形成術も含めて行っています。重症例が多く、連合弁膜症が増えています。
開心術としては、連合弁膜症の他に、冠動脈バイパス術、左室形成術、虚血性心疾患合併症として心室中隔穿孔や左室瘤の手術も行っています。また大動脈瘤や大動脈解離などの大血管手術も行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 35 9.43 7.09 2.86% 34.46
K877 子宮全摘術 23 1.09 9.57 0% 50.48
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 23 4.65 7.57 0% 30.78
K861 子宮内膜掻爬術 12 0.25 0.58 0% 46.42
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 11 0 0.73 0% 36.45
産婦人科では帝王切開術の割合が高くなっております。その他、良性腫瘍に対しては、非侵襲手術、悪性腫瘍に対しては、最新データに基づく、手術、化学療法、代替療法に至るまで幅広いニーズに対応しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 221 0.07 2.08 0% 74.2
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
年間740件の手術を行っています。中でも水晶体再建術(眼内レンズ挿入)を一番多く執刀していますが、適応患者さんの増加により、硝子体の手術や眼瞼下垂の手術にも力を入れています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 15 0.2 6.93 6.67% 54.73
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K3892 喉頭ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの) - - - - -
K454 顎下腺摘出術 - - - - -
耳鼻咽喉科では副鼻腔炎に対する扁桃周囲膿瘍切開術や内視鏡下副鼻腔手術を多く行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 32 1.13 5.28 0% 76.41
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 19 0 1.37 0% 59.47
K841-5 経尿道的前立腺核出術 17 2.41 6.29 0% 74.47
K821-2 尿道狭窄拡張術(尿道バルーンカテーテル) 10 0.4 1.8 0% 74.1
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) - - - - -
泌尿器科では年間およそ200件の手術を行っています。前立腺肥大症と膀胱癌の内視鏡手術が半数を占め、25%が腎臓尿管結石に対する衝撃波治療、前立腺や腎臓癌の小さな傷の開腹手術(切開創の長さ5~8cm)は年間でおよそ20~25件行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 62 2.84 4.89 1.61% 72.98
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 30 0 12.7 3.33% 68.73
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 26 0.19 13.27 3.85% 75.12
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 23 5.09 16.91 0% 81.61
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 22 1.36 2.68 4.55% 73.32
循環器内科では冠動脈疾患、特に急性心筋梗塞や不安定狭心症など緊急対応を要する疾病に対しては、緊急カテーテル治療を含めた救急対応が可能となっております。数は多くありませんが、ペースメーカー移植術(リードレスペースメーカー)も始めました。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 28 0.51%
異なる 28 0.51%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの、少しでも改善すべきものとして、上記4傷病について医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一か異なるかで患者数を集計しました。また、対象期間の全退院患者数に対する発生率を算出しています。
播種性血管内凝固症候群や敗血症は、感染症などによって起こる全身性の重篤な病態です。癌、炎症性疾患、血液疾患などの診療目的に入院され、入院後に免疫力の低下などによって全身状態が悪化し、播種性血管内凝固症候群や敗血症を発症することがあります。
治療は症状や重症度によってさまざまな治療方法を組み合わせて行います。
手術・処置等の合併症としては、透析を行うために必要なシャントの閉塞や狭窄などの治療目的の患者さんが5割を占めており、その他術創部からの出血、吻合部狭窄などがありました。手術や処置等を行う際に起こりうる合併症については、影響を最小限にとどめるために迅速な処置を行うとともに、事前に患者さんに十分な説明をし、リスクについて理解を頂けるよう努めています。
更新履歴
2020/9/24 公開
戻る