病院の取組み

病院の取組み

医療の質を表す
クオリティ・インディケーター

クオリティ・インディケーターとは

クオリティ・インディケーターとは、医療の質を具体的な数値として示したものです。
これにより医療の質を客観的に評価することが可能となると考えられます。
日本においては、2010年度から厚生労働省が「医療の質の評価・公表等推進事業」を開始しており、日本病院会ホームページなどで測定結果を公表しています。
当院では「医療の質向上委員会」が、当院における医療の質と医療安全の確保並びに向上を図ることを目的に設置されております。
設定した目標値を達成しようと病院全体で努力し、その結果を正しく・評価・検証することで、提供される医療の質が向上し、患者さんや病院に還元されることを目指しております。        

基本情報

(年度) 2014 2015 2016 20172018
新入院患者数
(ドック除く)
6,283 6,614 6,529 6,504
6,709 
延べ
入院患者数
133,191 132,253 133,426 133,983124,996
退院患者数
(ドック除く)
6,283 6,589 6,537 6,5726,660

各指標の推移(2014年度~2018年度)

2019年度の各指標(月毎)

戻る